おすすめ

ゆず風呂で冬はホッコリ風邪知らず!

投稿日:2016年12月20日 更新日:

皆様こんにちは、清滝の駐車場さくらやです。
寒くなって参りまして、いよいよ冬本番といった感じになってきました。世間も師走で何かとせわしない雰囲気です。寒〜い夜はゆず風呂でホッコリ温まってみてはいかがでしょうか?

ゆず風呂の由来・効能・オススメの入り方

なぜ冬至にゆず風呂に入るの?
世間では冬至にゆず風呂に入る習慣が有りますね。ご家庭でも銭湯などでもゆず湯に入って温まる方が大勢いらっしゃいます。
昔から『冬至にゆず風呂に入ると一年中風邪をひかない』と言われていますが、冬至にゆず風呂入る習慣はいつ頃から始まったのでしょうか?
もともとは一陽来復の日にゆず風呂に入り、邪気を祓って厄を落とす禊的なものだったとか。
江戸時代の銭湯が客寄せのために始めたのが最初と言われており、『冬至を湯治』に『柚子を融通』に語呂合わせして『ゆず湯に入って融通良く行きましょう』という意味もあるそうです。

女性にウレシイ効能が!
・身体が温まる効果
柚子の果皮にはβカロチンやリモネンが沢山含有されていて、血管が拡張されることによって血液の循環が促進されます。
その事により身体が温まり冷え性の改善にもなり、風邪の予防にも良いのです。また果皮に含まれる芳香油には湯冷めを防ぐ効果があるので、湯上りもホカホカです。

・疲労回復とリラックス効果
ゆずの香り成分は揮発性ですので、お湯で温まる事によりお風呂中に良い香りがします。それがアロマテラピーによるリラックス効果を生んでいます。またクエン酸も豊富に含まれているので、代謝を促進して疲労を回復しやすくしてくれます。
近年では病院や介護施設などでもアロマテラピーが導入されたりと注目を集めています。ぜひご自宅でも手軽にアロマテラピーを体験して下さい。ゆず風呂の効能とアロマテラピー効果で、素晴らしいリラクゼーションが体験出来る事まちがいなしです!

そして何といってもこの効果!
・美肌効果
ゆずに含まれている、ペクチンやヘスペリジンが紫外線のダメージを防いでハリの低下を回避してくれるそう!またビタミンCが柑橘類でもトップクラスに含まれています。このビタミンCが肌の保水性を高めて抗酸化作用を発揮してくれるので、乾燥肌の予防や老化の予防などが期待できます。
また、肌を守るバリア機能の効果もあるそうです。

・ダイエット効果
リモネンやピネンといった成分が含まれる事によって新陳代謝が活発になり、脂肪の燃焼や分解によってカロリー消費が促進される事でダイエット効果も期待出来ます。

この様に様々な効果が期待出来るゆず風呂、どの様に入るとより一層効果的なのでしょうか?

効果的なゆず風呂の入り方
まず一番最初に、お子様やお肌の敏感な方は刺激が強いとピリピリチクチクしたりするのでご注意下さい!

用意するもの
・ゆず適量
・目の細かい洗濯ネット
以上です。

ゆず風呂は好きなんですが、モロモロが浮いて後のお掃除が大変ですよね。そんな時は洗濯ネットがなにかと便利です。
・ゆっくりじっくり入る方が効果的なので、少しぬるい目のお湯にした方が良いと思います。長く入ると逆効果なので、5分から10分ほどにした方がいいでしょう。
・洗濯ネットにゆずを丸のまま入れて、お肌の様子を伺いながら適度に潰したりして果汁を出します。
・お肌が頑丈に出来ている方は、汁を絞って直接肌に塗りたくっても効果的!(私です。)

冬至だけじゃなく、ゆずシーズンの寒~い夜にはぜひともゆず風呂を楽しんで下さい!
美肌とリラックスで冬の乾燥肌に対抗しませんか?

-おすすめ
-, , , , , ,

Copyright© さくらやグループ , 2018 AllRights Reserved.